南魚沼市コシヒカリが美味しい訳

南魚沼市コシヒカリが美味しいのには、いくつかの訳があります。
それでは、南魚沼市コシヒカリが美味しい訳について、ご紹介していきましょう。

 

<土地ときれいな水>

 

南魚沼市のコシヒカリは、土の質、土壌の適度な肥沃さが、タンパク質の少ない美味しい南魚沼市コシヒカリを育てます。また南魚沼市は、日本有数の豪雪地帯で、冬は3ヶ月以上(山は4〜5ヶ月)2〜3mの深い雪に覆われます。上越国境 谷川岳を源とする魚野川、また越後三山からのきれいで豊富なその雪解け水が田を潤します。
<気候>

 

南魚沼市の気候は、山間地の為(雪解けが遅い)他の地域より、稲穂の出る時期が遅く高温の障害が少なく、昼夜の温度差が美味しい南魚沼市コシヒカリを実らせます。また、まわりが高い山に囲まれている為、台風被害に遭いにくく倒れやすいコシヒカリにむいています。

 

<人>

 

南魚沼市の農家のみなさんは、南魚沼市がコシヒカリの適地であることから、早くから栽培に積極的に取り組み、日々研究、努力を重ねております。このような努力と恵まれた環境の結果、全国食味検定(特A地区)として高く評価されているのです。

 

★魚沼でも「南魚沼市コシヒカリ」は別格です。
魚沼といっても南魚沼、中魚沼、北魚沼と3つの産地があります。中でも南魚沼市は特に美味しいと評価され頂点を極めた最高峰のコシヒカリです。

魚沼地方について

魚沼地方とは新潟県南部の地域名です。小千谷市、十日町市、北魚沼、中魚沼、南魚沼を総称して魚沼地方と言います。

 

南魚沼とは、南魚沼市(旧大和町、旧六日町、旧塩沢町)と南魚沼郡湯沢町の1市1町の地域を指します。2004年11月より大和町と六日町は合併して南魚沼市になりました。また、2005年10月より塩沢町も加わりました。

南魚沼市限定

最新情報

ブックマーク